家の傾き修正、地盤沈下修正なら あがるいえ

地盤沈下って何?地盤沈下による現象例~どうしてこんな現象が起きるの?~

  • HOME »
  • »
  • 地盤沈下って何?地盤沈下による現象例~どうしてこんな現象が起きるの?~

地盤沈下って何?地盤沈下による現象例 ~どうしてこんな現象が起きるの?~

地盤の説明イラスト
このような現象があれば、地盤の沈下による建物の傾きが考えられます。
たとえ家に傾きが生じたとしても、主要部分である木材のほとんどは、劣化しているわけではありません。建物が建つ敷地の沈下によって家の一部が沈んだり、傾いたりしているのです。

沈下の原因には地下水脈の渇水・変化の他色々ありますが、
一般に多いのは、山面の宅地造成時に盛り土で宅用地を補っている場合です。

もともとの地山の土地(図B)は大変強固ですが、盛り土の範囲(図A)は弱く、雨、振動(地震)などで僅かづづ移動し、地盤は沈みます。
土の締まりは完全に定着するまでに、10~15年以上の時を要します。
また、隣接する土地で掘削工事等あった場合には軟弱地盤(図A)の締まりが緩みます。
ゆるんで弱くなった方向に、砂・土はゆっくりと沈下移動します。
このことで地盤は沈んでいきます。これらの要因で基礎が割れ、あるいは傾き、
壁にひび割れがでて、建物全体の傾きや一部の倒れ、垂直沈み等が発生する
のです。

どうやって、家の傾きを直すの!?その答えはコチラ

【相談無料】まずはお気軽にご相談ください TEL 0120-05-1191 受付時間 9:00 - 17:00 [ 月曜日~金曜日 ]

PAGETOP
Copyright © あがるいえ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.